2017-11

フトマニ。

    

ただいま天草在郷美術館で参加中の「人形展」には、こんな感じでマンダラのようなオブジェを出展してます。

これは「フトマニ図」と呼ばれるもので、実際はこんな感じで↓↓円形にひとつずつの文字が配置されているもの。


   futomani図

この、ひとつひとつの文字(カタチ)は、古文書「ホツマツタエ」に使われている古代文字「ヲシテ文字」というもので、今回はこの文字を一音ずつ立体にして並べてみました。

フトマニ図とは、イザナギ・イザナミの両神がトヨケ神(伊勢外宮祭神)から、四十九(ヨソコ)神の座席図を五十一文字で表わし授けられたもので、後にアマテル神(伊勢内宮祭神)は、このフトマニ図で吉凶を占おうと考え自ら編集長となり、八百万(ヤオヨロズ)の神に命じ万葉の情を歌に作らせて添削し、その中から百二十八歌を選んで大占(フトマニ)の紀(フミ)を著して占いの元とした。といわれるもの。

中心の輪のアウワ神は天地創造のアメミヲヤ(天祖)神。アは天、ウは神の最初の一息、ワは地を表す。

二番目のトホカミエヒタメ八神は人の魂(タマ)の緒を地上に吹き降ろし魄(シイ・肉体)と結び合わせて寿命を得る。

三番目のアイフヘモヲスシ神は、方位と言葉、人の内臓(五臓六腑)を司る。

外輪の三十二(ミソフ)神は人の容姿を司り、人の寿命を日夜休み無く守る。

↑こう書くとなかなかわかりづらい説明なんですが、わたしの解釈としては、この図が宇宙とわたしたちニンゲンとの関係=宇宙の意思がニンゲンを生かしている、ということなんじゃないのかなぁ~と漠然と思っていて、平面図ではイマイチ自分のなかで捉えきれなかったので、「これ、実際につくってみよう!で、またそれを見て考えてみよう!」となったわけなんであります。

今回の展示では、上の段から順番に段差をつけて、宇宙から地上へと形を変えながら、それぞれの段階の神さまがタマ(魂)とシイ(肉体)を結びつけて、ニンゲンとしての機能がちゃんと働くようにしてくれている、というイメージで立体のマンダラみたいに配置してみました。

相変わらず好き勝手に立体化してしまったので、これでいいのかわからない部分もありますが、制作しながらこのフトマニ図について、自分なりに考えたことを作品の解説として書いてみました。

「言葉が 神さまだったころ、 わたしたちはみんな 自分たちが同じところから 生まれてきたことを知っていた。

言葉が 言霊だったころ、 わたしたちはみんな 自分たちが生きることが すべてのものの調和につながることを知っていた。

宇宙の意思はいつでも、わたしたちの中にある。

想うとき。祈るとき。

かたちのないものを、叶えていくチカラになる。」


今、社会や身近なところで起こっている「不調和」みたいなものは、きっとわたしたちニンゲンが、大切なつながりや、自分たちが何によって生かされているかとかを感じるチカラを忘れてしまっていたり、見失ってしまっているのが原因のような気がします。

一文字=ひとつずつの言葉が、ちゃんと宇宙の意思としてニンゲンに備わっていた頃は、自分の幸せと周りのひとたちとの幸せはつながっていて、きっとみんなが調和できていたんじゃないのかなぁ。

そんな感じで、作品を見ながらいろいろと発見や気付きなどしていただけるとうれしいです。




● COMMENT ●

わぁ!

みきちゃん、こんにちは^^。

kogaさんと、「ブログ見た?」「あれ、何だろう?」って話てたんだけど、マンダラの文字だったんですね。
なんか感動しました。
熊本市でも展示していただけると嬉しいです。

クミンさん、ありがとうございます~

丸尾さんの展示、見に行けなくて残念でした(T-T)←この子たちを必死でつくっていたのでした。。。

まだまだ学びが足りませんが、こうゆうことをカタチにしてゆくのも、自分のものづくりに必要なことなんだろうな~と、改めて考えさせられました。(相変わらず勝手な妄想ですが)

せっかくなので、またどこかで皆さんに見ていただけるようにちゃんと?保管しときます!


管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございました&よろしくです。 «  | BLOG TOP |  » 「祈りと情念のかたち、人形」展。

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する