2017-10

妖怪入門。

こちらもずっと気になってはいながら、なかなか作ろうとは思わなかった妖怪シリーズ。

別に普段つくってる人形も充分怪しいよ。と、きっとたくさんの人に思われているんだろうけど、違うんです。

もっとしっかりした妖怪をつくってみたいんです。

妖怪絵画を描いていた青年が薦めてくれた江戸時代の絵師「鳥山石燕(とりやませきえん)」のミニ画集を見ながら、まねっこしてみました。

鳥山石燕 犬神と白児

実在しないイキモノなので、どう作ろうと自由なんでしょうけど、江戸時代の絵師がどんな妖怪世界観を持っていたのか、そんなことを考えてみるのも楽しいものです。

どんな理由があって、こうゆう不思議ちゃん(妖怪たち)がたくさん存在している(と、ニンゲンは思っているわけですが)のか、妖怪好きの人には、それを明らかにしてゆくという大事な役割があるんではないのかなー。

水木しげる先生ほど妖怪に近付けるとは思えませんが、自分なりに追いかけてみたいテーマであります。

● COMMENT ●

共感いたします!

みきどの! こんにちは! 火の玉発動機です!
こんなブログを書かれては、コメントせずにはいられません! 妖怪大好き!UMA大好き!
私も妖怪を作ってるので、琴線鳴り捲ります!
 【江戸時代の絵師がどんな妖怪世界観を持っていたのか、そんなことを考えてみるのも楽しいものです。】

このセリフを発する、みきどのにも琴線鳴り捲り!
 昔の人! 古(いにしえ)の人!
の心の中に、入っていく作業は、たまらなく楽しいのだ!
 この楽しさをわかってる、みきどのに100万点!
(ちょっと表現が古いです)

私もイベントの時は、店頭にちっちゃい籠(檻)を置いていて、今回捕獲された妖怪! と看板作って、
籠の中に、妖怪の作品を入れております。
 必ず売れるのが、おもしろいです。
ネッシーの子供の時は、1体しかないので注文が来たのは、びっくりしました!
 こりゃまた本棚から妖怪本を引っ張り出したくなってきたぞ!v-38

火の玉発動機さん、こんばんは

熱い共感いただいて恐縮です。。。
そういえば工房長もたくさんの妖怪を生み出しておられますねー!
捕獲された妖怪を連れて帰りたがるお客さまも、ある意味こっち側の人間ですね~
そうやってこれまでもずっと妖怪文化?!って遺されてきたのでしょうね。

古のひとたちに学びつつ、自分なりの妖怪も創造しつつ、より豊かで愉快な妖怪文化を築いていけるといいですね。(ちょっと壮大すぎますが)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hitotukoubou.blog111.fc2.com/tb.php/820-3e4edf08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暑さと妖怪。 «  | BLOG TOP |  » のびのび。

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する