2017-11

みんな生きてる。

食べ物にいい・悪いはなくて、その性質を知り、陰陽のバランスをとって自分に合う食事を工夫する。それが調理をするということ。

今日行ったマクロビオティック(以下マクロ)のお料理教室での学びでございます。

だからってそんな難しい話や調理をしたわけではないんですが、やさしく楽しい雰囲気で玄米ご飯、カボチャとトマトのカレーと海藻サラダ、甘酒スムージーが出来上がりました。

あと、玄米ご飯には欠かせない「ごましお」の作り方の講習もあり、食材をひとつの生キ物として大切にいただくという意識が改めて感じられた時間になりました。

お茶でよく出てくる「自然に生かされている自分」というのも、同じ意識なんだよな~


食べ物とよく向き合うことは、自分のカラダ・ココロと向き合うことで、ものを食べることは命をいい風に循環させることなんですなぁ。

最近「食べること」が、ただの作業になりつつあった自分にありがたいひとときでした。


そうそう、これは子飼商店街にある「天粧」さんという自然食品のお店の企画であったんですが、講師は熊本市白山で「そらの実」というマクロレストランをされている橋口さんという方でした。今度食べに行かなきゃ。

ちなみに玉名市にある「Eco-Shop ちゃぶ台」(リンクにあります)でもマクロ料理を食べることができます。

「ちゃぶ台」については、これまたたくさんご縁のあるとこなのでぼちぼち自然にここにも登場してくると思います。



● COMMENT ●

その方、、、

そらの実さん、知り合いのご兄弟のはず。
行きたいと思いながらまだいけてないっす!
マクロでは、皮もむかずに食べてしまうでしょ?
やはり、そうなると、土作りが一番大事なんだな、と感じますよね。
だって、土が危険なら、それが口に入るのは、、、、。
ほんとに有機栽培って、大変なんですね。

行かなきゃですね~

そーなんだ! なんか日替わりでかわいらしいランチを出されてるみたいですよ。

やっぱり畑づくり・土づくりの仕事は大切です。

これから未来に育つ子たちに何がなんでも残していかなきゃいけないものですよね。

がんばれ、大人!です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hitotukoubou.blog111.fc2.com/tb.php/24-5443c76f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【今なら全商品ポイント5倍】真心がつくる

四季折々の自然の材料を使って、健康的なお料理をイラストで説明付の台所の友。著者:東城百合子・マクロビオティックとは? その2・マクロビオティックと生活習慣病・マクロビオティック、大阪の天満橋にある、自然食レストラン・困った、困った・・・・セックス自然食品

こりす «  | BLOG TOP |  » にしだみきのモト。

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する