2017-10

GWイベント終了いたしました!

5日までの有田陶器市、7日までの山鹿湯の端美術展、ともに無事終了いたしました!

有田陶器市では、普段お会いできないような遠方の方々や、毎年恒例でわたしと作品に会いに来てくださる方々、いつも熊本の展示でも気にかけてくださる方々などなど、今年もたくさんのお客さまに作品を見ていただくことができました。

陶器市では、来場者のほとんどは器探しのお客さまがメインなので、陶人形というジャンル自体にあまり興味のない人も多いのですが、そんな中でもわらわらと妖怪やら二本足動物やら色々な人形が並んでいる様子に「何ここのテント??何作ってる人なの?」な表情で、ついつい入ってしまって、思いの外ツボにはまったり、「細かい作業だわね~」と、つぶやくように褒めていただけたり。。。そんなやりとりや出会いがあるのも醍醐味かもしれません。

最終日の搬出間際にはパラパラと小雨に降られましたが、今年は会期中ずっと良いお天気に恵まれて、もうそれだけでも結構な奇跡の日々でした~。

しっかり日焼けもして、時々熊本との往復をしたので身体はお疲れモードだったのですが、それでもやっぱり陶器市出展は楽しみの方が断然に多いので、変なテンションで乗りきれる感じがまた楽しいところです。私だけかもしれませんが。。

IMG_20170430_093435.jpg IMG_20170429_134305.jpg
IMG_20170430_093244.jpg IMG_20170429_092315_201705080728427d8.jpg


そして、その反動や後片付けのあれこれで6日はぐったりゆるゆると過ぎてしまい、7日は湯の端美術展最終日に顔出し&搬出に行ってきました。

毎年陶器市と美術展は会期が重なることが多いので、いつもは他の作家さんの作品を見ることが出来ずに終わってしまうのですが、今年はほとんどの会場の作品を観ることができて、しかも最終日で作家さんが在廊していたりもしたので、出展者なのを忘れてついつい楽しんでしまいました。

蔵の広い空間で、大きな絵画作品やインスタレーション、彫刻作品を贅沢に鑑賞できたり、思わぬ組み合わせの会場と作品があってワクワクやドキッとする空間が出来上がっていたり、作品とそれを観る人との距離感・伝わり方や、その場所とそこに流れる時間の心地よさを、自分のペースで感じられる美術展になっていました。

運営してくださっている方々にはいつもお世話になるばかりで申し訳ないのですが、今年も参加させていただけて幸せでした。ありがとうございました!

自分が観るので楽しみすぎて、全然写真撮っておらず。。。すみません。

↓ 左:今年はいろんな生き物を制作して蔵の階段部分に展示させていただきました。その中のゾウさん。
  右:同じ蔵の中で折り紙と蔵にあったガラス瓶で「光」を表現した作品を展示された矢ヶ部さんの作品一部。

IMG_20170507_151856.jpg IMG_20170507_151756.jpg

こちらで、各会場の展示動画や画像が見れます。⇒⇒ 山鹿 湯の端美術展facebook


陶器市と湯の端美術展、それぞれにご来場いただいたみなさまどうもありがとうございました!

出来上がったモノは、自分以外の誰かに見ていただくことで初めて「作品」となるんだなぁ、と当たり前だけど独りよがりで忘れがちになりそうなことをじっくり再確認できた、貴重な日々でした(^^)

ひとりでものづくりをしている間は、あまりにも孤独すぎて、何だかいつでも辞めちゃいそうだな。。。なんて思ったりすることもあるのですが、お客さまの「来年も楽しみにしてるね!」という一瞬の一言で、「わ~がんばろう、これは幸せすぎてやめられない」となってしまう単純な人間なのですが、作る人ってみんなそうなのかもです。

とりあえず、少し休んでまた次なるわくわくを育てます~




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

明日、明後日は『ツバメの日』に出店します。 «  | BLOG TOP |  » 有田陶器市はじまりました。

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する