2017-05

ちよのすけのこと。

長いこと鳥の部門でわたしの相方だった、ニワトリのちよのすけがいなくなって3か月が過ぎました。

少しずつ足が弱ってきてたり、耳が遠くなったり、あんまり出歩かなくなっていたりでしたが、わたしが作ってた黒米をけっこう毎日がつがつ食べていました。

最期の日は、実家に法事のために親戚やいとこが大集合して賑やかだったときで、わたしをあんまり寂しい気持ちにさせないように気遣ってくれてたのかもしれません。

さいごまで、大変によい子でした。

一緒に過ごせた生き物たちとの別れの度に思うのは、自分が天国にいった時にこっちでお別れした全員と会えるのだ~!と、居なくなった寂しさを超えれる楽しみを持てる自分でいたい、ということです。

なかなか、実際にはむずかしいことですが。

そんなこんなで、これからはますます作品にニワトリ的な何か?!が表れてくるんではないかと思われます。

たくさんの思い出と、ニワトリとニンゲンの関係についていつも考えさせてくれたちよのすけに、ありがとうございました!






● COMMENT ●

合掌

みきちゃん、こんばんは。
ちよのすけのこと、書いてくれてありがとうございます。
心よりご冥福をお祈りします。

ちよのすけはみきちゃんと出会ってすごく幸せでしたね。
そのお裾分けのように、ちよのすけから生まれた作品が我が家にもあって・・・これからもずっと大事にします。

クミンさん

ありがとうございますm(__)m
本当に、ちよのすけは、このブログや作品を通してみなさんにもたくさん可愛がっていただきました~
ちよのすけからもらったたくさんの幸せが、これからも私のものづくりを広げたり、支えたりしてくれるんだろうなぁと思っています。
これからも作品ともども、みなさまにお世話になります!

ちよどの

そうだったんですね、ちよのすけどの。。。
ニワトリの寿命がいかほどかよくわからないんですけど
結構な長生きだったのでは、、、
幸せな人生、いや、鶏生?だったことでしょう。
今頃あちらでにちさんとも仲良くやっておるのではないでしょうか。
「待っとうけん早うおいで。」と言われるかもしれませんが
あと6、70年かかるよとお伝えください。

ぴーなっつさん、どうもです。

はい~大往生だったと思います。
こちらではなかなか意思の疎通がかなわなかったにちとも、あちらでは種族を超えた友情で仲良くやっておるんではないかと、思います。
わたしもちよを見習って、実りある人生にせねばな~と思います。


管理者にだけ表示を許可する

ひとまず。 «  | BLOG TOP |  » ことしも田植え。

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する