2017-09

初古墳。

昨日、知人に誘っていただいて、山鹿にあるチブサン古墳の見学に行ってきました。

以前から美術館などのレプリカを見て知ってはいたんですが、本物の古墳の中に入るのは初めてだったので、案内してくれた博物館の方の説明を聞きながら、もうソワソワどきどきなのでした。

↓↓これがチブサン古墳。わかりにくいですが前方後円墳で、四角の入り口のあるところが内部の見学用に建設された通路です。


IMG_0571.jpg

分厚い扉の中に入り、ひんやり湿度のある階段をのぼっていくと、身体をかがめて入れる高さの石積みの入り口から小さな部屋(石室の前室と呼ばれるところ)に入り、、そこからガラス越しに石棺の収めてある石室(後室)をのぞくことができました~

古墳内は撮影禁止だったので、外の説明書きコーナーにあった石棺のレプリカを撮ってきてみました。

↓↓これはペンキの赤色ですが、本物の装飾されていた赤色は原料は天然の酸化鉄らしいんですが、とっても鮮やかで、こればっかりは実際に生で見ないと伝わんないくらい美しい色でした。

     IMG_0579.jpg


それにしても斬新なデザイン!何が描かれているのかについては諸説あるみたいで、そんなことをわいわい推測するのも楽しかったです。

謎だらけなんだけど、好奇心が止まりませんね。

で、そこから歩いてすぐのところにもうひとつ、チブサンよりも少し小さな円墳(正確にはU型?)のオブサン古墳がありました。

↓↓山を見ると登りたがる永遠の少年男子?!(いい大人ですが、気持ちわかる)

     IMG_0578.jpg

こちらは、その古墳の形の特徴からか「産(うぶ)さん」→オブサンとなったのでは?と云われているらしく、安産の神様として昔から信仰されていたようです。

西南戦争では基地(陣地)にされたこともあったみたいで、石の壁に弾痕らしきものも見れました。

↓↓あんまり石室内を撮るのはよくないかな~と思って、入り口を撮影。

     IMG_0575.jpg

巨大な石をいくつも使って組んであって、古墳時代の技術の高さ&人力に驚きました。すごいぞ古代日本人!

そのあと、少し下って川沿いにある鍋田横穴群も見てきました。

崖に堀り込まれたお墓が何十個も並んでいて、その入り口のデザインが何層にもなっていたり、シンプルだったり、大きかったり小さかったりで、でも全体を見るとなんだかおもしろい建造物(お墓なのにすみません)になっていて、なんでこんなところにお墓作っちゃったんだろう??と、これまた謎多き遺跡でした。

博物館さんからいただいたロードマップによると、山鹿地区にはまだまだたくさんの史跡がのこっているようなので、今後ものんびり訪ねていってみたいです。

古墳時代のひとたちから、たくさんインスピレーションをいただいたいい旅でした。

誘っていただいてありがとうございましたm(__)m










● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

一ヶ月後。 «  | BLOG TOP |  » コラボでした。

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する