2017-07

行かねばね。

いつも、おやじ人形づくりで参考にさせていただいている北斎さんの展覧会が熊本県立美術館本館で開催中なのに、まだ見にいけていません。

そういえば以前福岡の博物館で大北斎展に行ったんだった、と思って調べてみたら、もう2年も前のことでした。

同じような見方で、同じようなことを感じて、また「ほほう~」となりながら見てまわるんだろうけど、生まれてくるおやじは明らかに昔とは別人で、少しずつちゃんと改善されてきている気がします。

まわりの陶芸作家さんたちは、毎回たくさんの陶土や釉薬や化粧土や絵の具やらのテストや研究を重ねて、自分なりの表現を追及していて、話を聞くたびに「すごいな~真似できん!」って感じさせられるのですが、わたしはわたしで超マイペースですが、それなりに学んで少しずつは成長できてるのかもしれないです。

そういう意味でも、ふんどし一丁のおやじはシンプル体型なだけに、自分の腕が一番試されるカタチなんでしょうね。

人形というカタチになることで、そのものの魅力や愛らしさがより広がったり深まったりするような、そんなヒントが、北斎さんの作品にはたくさん存在しているんではないかと思います。

見に行かねば~~

おやじ人形にも、そう言われている気がする。。。

       IMAG2234.jpg








● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

いのる。 «  | BLOG TOP |  » 陶器市おわりました。

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する