2017-05

世界の目線。

最近、縁あって知り合いの方から、ユダヤ関係の本と講演会記録をお借りしました。

前から911やフリーメイソン、縄文人や天地創造や9条などちょこちょこと頭の隅にあった事がつながるつながる~これは一体どうゆうことなの??

何だかとてつもなく大きいチカラが、私達が今の世界に対して持ってる不安感や不信感のおおもとになってる様子。

全部をまるごとそのまま信じるとこまではいきませんが、少なくとも知っておかなくちゃいけない事があることがわかりました。

は~~世界は複雑だけど、「みんなにとって大切なこと=みんなが幸せなこと」というしっかりした自分のモノサシさえ持ち続けられたら、たくさんある情報や大きな流れの中でも、きっといい選択をしていけるんじゃないか、と。そんなんが今のとこの感想であります。

勉強・勉強!
  
ちょっと見て・考えてみてくださ~い→ http://www.anti-rothschild.net/

● COMMENT ●

世界ふしぎ発見でフリーメーソンのことをいってあったよ。ドル紙幣に載るフリーメーソンのマーク!民放でこんな情報をながすのだから、それはみんなが知っている常識になっているのだろうと思いました。

その先・・・

そうですな~。でも色々と人様の話を聞いていくと、この社会全体の流れというものに対しても、自分達が意識してやってないことが原因で、起こっていることもあるんじゃないか?と、考えさせられます。

何だかわかんないけどみんなが感じてる未来への不安感の、おおもとが「お金というものを知る」ことなんじゃないか??という活動〈紹介したHP)は、とても意味があるな~と感じてる今日この頃でございます。

世界は陰謀でまわってる、、 

みきちゃんと陰謀論かー、、結びつかんかった。。

911以降、2002年NYで自作自演説を聞いて以来へっぽこ陰謀論者のワタシで阿修羅♪を始め色んなトコか(911 inside job.でググルと結構凄い数出てくるよね。)


 しっかし、、真実追求のために陰謀を暴くってなるといままで善人だと思ってたヒト達、d lama だとか沢山の’偉人’が結局あすこに繋がるのをしってショックつうか疲労感あるよね。。 その背後は何?って常に思うようになってしまったから。 いまはただ真実を傍観出来るようになることを試みてる、感情の渦に引き込まれないようにって。



知ることはやはり重要だと思う、繋がりを見出そうとするのは本能だと思うし。知らない方が幸せか、否かを決めるのは自分だし。 マトリックスの世界なんだよねー。。



アズーリさんが米ドルに触れてますが、日本のお札もいろいろ仕込まれてますよね。。旧札も仕掛け合ったし、いまの千円札にもイシスの’目’はあるし。 なんだか終いに可笑しくなってくる。。


そのうち雑談でもしましょうぜ。。

ayさんへ

そうなのです、そういう話を聞いていくうちに「じゃ、私はどうやって生きていきたい?」ってずっと自分に問いかけてます。

ひとりひとりが「自分が大切だから、ほかのひとも大切」って思える世界なら、間違いないよね。と、あんまし複雑なことが理解できない今の私には、これを基に物事を判断・選択していくことしかできませんが・・・

陰謀があることにわいわいするんじゃなくて、自分と世界と宇宙とのつながりがどうであったらいいか??ってことを考えるようにはしてます。

最初はわいわいとしてしまいますが。・・・えへへ。

また、お話しましょうね~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hitotukoubou.blog111.fc2.com/tb.php/105-bb6083ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

神道の常識がわかる小事典

 キリスト教には神の子キリスト、ユダヤ教には神ヤハウェ、仏教には釈迦、イスラム教にはマホメットという創始者ないし開祖があり、宗教として分かりやすい。 神は八百万(やおよろず)で、開祖もなく、明文化された経典もない神道は、宗教としては、はなはだ分かりにく

パンゲアはじまり。 «  | BLOG TOP |  » 知ってるちよのすけ。

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する