2011-03

脱!するには・・・

ここのところずっと「脱原発」についてもやもやと考えています。

もちろん今現在起こっている福島原発の事故が早く収束できるのを願う気持ちが一番だけれど、もう2度と今みたいなことが起こらないようにするためには、やはりしっかりと一人一人が原発に頼らない生き方を選択できるようにならなくちゃ。。。

そんな気持ちで、いろいろと自分なりに情報源をさがして、見てみてほしいなぁと思うものがいくつかあったので(勝手に)ご紹介します。

ひとつは、現在、原発建設予定地になってる瀬戸内海山口県上関で活動している「虹のカヤック隊」のブログで紹介されていた、小出裕章さん(京都大学原子炉実験所助教)の講演(2011年3月20日、山口県柳井市で開催)です。

==== 以下、内容転載 ======

小出さんは原子力の研究者という立場から、原子力の危険について、40年以上に渡り警鐘を鳴らし続けて来られました。その警鐘空しく、私たちは東日本大震災で福島原発の大事故を招いてしまいました。今も現場では作業員の方々が命がけで復旧に取り組んでおられますが、まだまだ予断を許さない状況が続いています。空や海に広がる放射能の影響も心配です。 

この苦しい経験から私たちは学ばなければいけません。同じ過ちを繰り返さないように。子供たちに安心して暮らせる世界を残せるように。この地球に生きるすべての人に届けたい。隠される原子力・核の真実。あなたの大切な人に伝えてください。

==== 転載終わり ====


もうひとつは、以前玉名でも「未来バンク」の講演に来てくださった田中優さんが、原発にまつわる色んな話をわかりやすく講演されています。なぜ原発建設がやめられないのか、原発に替わるエネルギー開発について知ることができるかと思います。 

講演の動画はこちら→→ 

とか調べていると、これまた以前「ちゃぶ台」で、佐賀でのプルサーマル計画についての勉強会を開催してくれた「みらい実行委員会」さんが、今週末にこの田中さんを呼んでの講演会を予定しているとのこと。

4月2日(土)の午後19時開演。場所は福岡市中央市民センター・ホールで、参加費は1000円だそうです。

詳しくは「みらい実行委員会」さん、または田中優さんのブログを見てみてください。

先日の日曜日27日には、銀座で1200人のひとがデモで「反原発」を呼びかけたそうです。

で、名古屋では菜の花を手にした女子高生が中心になって意思表示していたというニュースも。

菜の花は大地に染み込んだ放射性物質を根に取り込んでくれる性質があるらしく、チェルノブイリでは広大な菜の花畑が広がっているらしいです。

被害への支援はもちろんですが、これからの未来をになっていくひとたちに対して何ができるのか、そんなことも同じくらい大切やと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する