2009-03

その後。

久しぶりの日記書きです。

昨日はやっとこさ最後の本焼きに取りかかれて、とりあえず制作作業はひと段落。あとは郵送のための梱包とか納品のための作業があるようです。←なんだか未だに他人事みたいなペース・・・

作品たちと自分が無事に京都にたどり着けますように!!

あ、あと焼成もうまくいってますように~(午後には窯だしできるかな?)

すっかり遅くなっちゃいましたが、日曜日にちゃぶ台で見てきました、湯浅さんの講演会ビデオ、やはりとても勉強になりました~

派遣仕事に従事しているひとが、仕事がなくなった途端にホームレスになるしかないような現在の穴だらけのセーフティネット(雇用保険や生活保護)はもっと本当の意味で強化されなければいけないこと。

「自分で好きで選んだんだから・・・」という自己責任論がよく言われているけど、「それを選ぶしかなかった現実」に関しては、やっぱり社会的な問題があるわけで、その問題を放置しておくことは労働する人全体の労働環境の悪化につながるんじゃないか、ってこと。

今は、もともと必ず全員が座れない仕組みになっているイス取りゲームみたいなもので、誰かが席を失い、他の人は安全に席を保てているというようなそんな状態で、ただのゲームならそれで終わりなんだけど、大事なのはそれが延々と繰り返されるということ。

勝ち続けるためにどんなにがんばっても、誰かが必ず切り捨てられるような社会では、正社員だろうと派遣社員だろうと同じように決していい労働環境であるわけではなく、それを持ち出されると「NOと言えない(自分に不利益な条件でものむしかない)労働者」になるしかないなんて、そんなの変だよなぁ。

だから、今回の派遣村のニュースは、少しでもそんな社会を自覚して、働く人みんなで理想的な社会の在り方を考えて、いい意見を出して実現するためのきっかけになったんだなぁと、やっとこさ自分の中で落ち着きました。

「働けば暮らせる」って、そんな当たり前のことができなくなってる社会。でもそれは絶望感とか競争しなきゃってことじゃなくて、やっぱりもう一度「ひととひと」とのつながりを再確認しなさいねっていうメッセージなのかもしれないです。

誰かに頼る、助けてもらうことができてれば、失われなくてすんだ命もたくさんあると思うし。

そんなことを「派遣村」から教えていただきました。



↓↓そんな湯浅さんが活動してる「もやい」のHP。いろんな活動をしてるんだなぁ~。

自立生活サポートセンター もやい

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する