2008-10

たたきこむ!

少し戻って日曜日。

以前ご紹介しました谷口巳三郎先生を支援する「タイとの交流の会」(奥さん=私の茶道教室の先生が会長)の総会が、近くであるということで、ちょっとお手伝いに行ってきました。

総会の議事が終わったあと、谷口先生のお話を聞くことが出来ました。

日本から農業学校などの研修生を、現地(タイ)のご自分の農場に受け入れることの多い先生は、今回の帰国中に色んなところから講演依頼があったそうです。

その中で「この先の展望は?」というような質問をよくされたそうなんですが、それに対して「私は何も答えなかった」とのこと。

高齢化や食料自給率の低下、農業後継者の激減などなど、実情を知っている現場のひとなだけに、問題が深刻すぎる、ってことが理由だそうなんですが、ホントは「どこかの誰かが指導するものでもなくて、ひとりひとりがそれらの問題に真剣に向き合わないと、どんどんと悪い方向へ進むばかりなんだよ」って、そうゆうことなんじゃないかな~と思いました。

「難しい問題は、誰かに考えてもらって、いい解決方法があればみんなで取り組めばいいじゃん!」・・・なんてペースじゃ間に合わないくらい、先生の目にははっきりと今の日本や世界のことが映ってるんだろうな。

そして、もう80歳を越えてる先生ですが、ココロにものすごい芯を持ってらっしゃる!とぞわぞわした言葉がありました。

「自分が死ぬ時とは、青春の中の最高潮の時です。だから余生なんてものはない。いつでも自分は最前線にいるんです」

「わたしは『もうこれ以上ひとに尽くすことはできなかった』と言って死にたい」

・・・やっぱし、すごい。先生と同じことはできないとしても、せめてその生きかたは自分のココロにがつがつと叩き込んでいたい。

そんな気の引き締まるお手伝いでした。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する