2017-05

稲刈る。

7月に手植えした黒米の田んぼが、今年はなかなか田んぼの水分が抜けなくて、コンバインやバインダーを入れられなかったらしく、久々に手刈りでの稲刈り指令が出ました。

3、4年前に一人で手刈りして腰を痛めてからは、稲刈りはいつもニシダ家の他の田んぼと同じように機械でやってもらっていたのですが、もう時期的にも遅めなのでやるしかないのだ~

普段から運動不足気味なので、あまり腰に負担をかけないようにぼちぼちとやるしかないので、穂先だけ刈る作戦や、少しでも気を紛らすためにデタラメなコースで刈り取りしたり。。。

田植え以来の泥んこ作業でしたが、久々にいい汗流した気がします。

翌日の筋肉痛は相変わらずでしたが、とりあえず無事に来年のお米が収穫できたのでほっとひと安心~

今年もやはり田んぼの所々の株がなぎ倒されていて、イノシシさんが水遊びやジャンボタニシを食べに来ていたようです。足跡などもありました。

それでも、気ままな稲作にしては立派な収穫なんではないかと思います。自然万歳です。

↓稲刈り前と後

IMG_20161113_155655_convert_20161119084822.jpg IMG_20161117_164209_convert_20161119084736.jpg

↓ たわわな稲&毎度のことながら、刈った後の切株の断面図のデザインが好きです。

IMG_20161113_092145_convert_20161119085056.jpg IMG_20161116_110404.jpg

水の抜けてない田んぼの中はものすごくぬかるむので、刈った株を踏みながら歩くのがポイントです。

足腰が付かれてガタガタでしたが、忍者修行みたいだわ~と、はしゃげる自分がまだ残っていて良かったです。

キツイけど充実な2016年の稲刈りでした。





田植え。

今年も毎年恒例の早朝田植えできました。

暑くならないうちに朝イチで2~3時間×3日間位のささやかな農作業ですが、翌日から来る半端ない筋肉痛が普段の自分への戒め?みたいで何だか気が引き締まります。

展示会の際などに、ここで収穫した黒米を購入していただいたみなさまのお蔭で、今年もこうして西田家の田んぼを間借りして好き勝手させていただくことが出来ています。ありがとうございます~m(_ _)m



あと一日分残っていますが、雨の日を狙って仕上げる予定です。

そして、我が家の田んぼ除草の王ジャンボタニシさんたちも、相変わらずの繁殖力で植えたそばから苗を食べちゃってくれています。早く草が生えてきてくれますように!!

この強気な色のジャンボタニシの卵たちを見ると、いつもドキリとするのですが、やっぱり激写しちゃいます。

201607061042486ff.jpg

色んな生き物が擬態とかで身を隠したり、敵から身を守るための術を持っている中で、この色である意味って何なんだろう⁉生き方強すぎる~

などと、普段とは違う発見が田んぼにはあります。

体力と田んぼとお水がある限り、続けてゆきたいな~




ひとまず。

どろんこ田植えも、3日目の朝練で無事に終了。

この縦からみたところの達成感がすきなのです。

2015070907252714d.jpg

そして、植えたそばからジャンボタニシくんがムシャムシャしていました。とりあえず現行犯は畔にポイっと投げられます。

201507090726457f2.jpg 20150709073421baf.jpg

もうしばらくしたら草が生えだすと思うので、丈夫で硬い苗よりも、生えたてのやわらかい草の芽に食いついてくれるはず。。。

ここだけ見ると、苗を食べる害虫と思いがちですが、除草剤を入れてない田んぼにとっては、もう神の使い並みのありがたさなのです。

ジャンボタニシを入れる前は、全面にニョキニョキ生えてくる草に来る日も来る日もガンヅメ(手押しの除草道具)を押す日々で、疲れ果てていたのですが、彼らが来てからはその作業がまるまる無くなりました。

最初は、家族から「こっち(隣は慣行栽培)の田んぼには絶対入れちゃダメ!」と言われてましたが、わたしの田んぼの変わりように段々着目してくれて、今ではニシダ家全部の田んぼが除草剤なし・農薬なしで栽培できるようになりました。

えらそうに言っていますが、代掻きや水管理やらのほとんどの作業は、毎年お世話になりっぱなしなので、大したことはしていないという。。。。

そんなこんなで、今年も順調に育ってくれますように~!

↓↓ そして、やっぱり毎年撮影してしまう、ジャンボタニシの卵。なぜそんなにも目立つ色なのかは謎です。

20150709072605b68.jpg






ことしも田植え。

そして昨日からは、遅れ気味だった毎年恒例の田植えがはじまっています。

一株分ずつ、黒米の苗を手植えします。

機械もあるんだけど、なんだかこれは年に一回やっておかねばならない儀式のようなものになっています。

自分でつくるからこその、大切さとか気付きってあると思うので。


↓ そんなこんなでスタート。

DSC_0656[1]

↓ 一日目

DSC_0658[1]

↓ 二日目
DSC_0663[1]

昔より、翌日の筋肉痛の度合いの予測がつくようになったのか、あまり無理しないようになりました。

今年の苗には、やたらカタツムリが生息しています。なんでだろ?

DSC_0668.jpg 

そして、やたら大きなヘビの抜け殻があって、それだけなんだけど怖くてドキドキしたのでした。

DSC_0661.jpg









深い田植え。

今年も地味~に始めていた田植えが、展示会や台風や雨やらで延び延びになりつつも、昨日やっと仕上がりました。

今年は小さいとこだけの手植えにしたんですが、なぜか苗が足りず。。。

どうやら去年より狭い間隔で植えていたようで、道理で時間もかかるな~歳とったからかな~とか思っていたのですが、そういう問題じゃなかったみたい。

なので黒米の途中から、普通のお米になりそうです。



20140718134728419.jpg

田植えしながら、今年で何年目だっけかな~?と思い出してみたら、もうかれこれ13年くらいやっていました。

それでもやっぱり毎年、新鮮でやりがいのある作業であることは変わりない。

なかなかに有難い人生過ごさせてもらっているな~と、このへなちょこ作業をいつも見守ってくれている環境に、感謝するのでした。

好き勝手なことばかりやればやる程に、それを静かに支えてくれてる人やモノの存在に気付けるようになっているのが、この世のいいとこだなぁと思います。









NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する