2017-09

やっと行けた~。

個展が終わったら行こうと思っていた、熊本市現代美術館で開催中の『三沢厚彦 ANIMALS IN 熊本』にやっと行ってきました。

この企画展にもワークショップや制作などで関わっていた、絵描きさんであるadoちゃんから、先日の個展に来てくれた時に偶然にも招待券なるものをいただいていたのでした。アドちゃん、ありがとう~m(__)m

撮影OKのコーナーもあったりして、作品の周りをぐるぐしたり、色んな角度からがっつりと観察できて、純粋に楽しかった~

    IMG_20170825_161641.jpg IMG_20170825_161202.jpg

想像していたよりも、大型の作品がたくさんあって、みんな知ってる動物がモチーフなんですが、もう新種な生き物にしか見えない~!

近くに寄って、肌の質感とかをまじまじ見ていると、動きだしそうな気配もしたりして、ちょっとゾワゾワきました。

一見無表情なんですが、たまにニヤリとしているようにも見えたり、クマやリス、うさぎの直立ポーズのシュール感が半端ないのでした。

大きさからだけではない、とにかくひとり(一頭?)ずつの存在感が圧巻の作品たち(生き物たち)でした。

自分の制作に何を活かせるのかは全然不明ですが、何かしら心が動かされたということだけでも多分良い影響をいただいたんだと思います。





福岡ぶらり。

先日、久々に焼き物学校時代の友達と福岡に集合して、ぶらり一日過ごしてきました。

福岡にはイベントや展示会で行く機会は何度かあるのですが、目的は出展や当番のため、のんびり買い物したり、お茶したりすることってほとんどないので、福岡のお店にたまに遊びに行くという友達に色んなところに連れて行っていただきました~

雑貨屋さんとか、デザイナーさんがやってる洋服屋さんとか、アンティーク屋さんなどなど・・・知らないだけでほんとたくさん面白いお店があるんだね~!と、どのお店も楽しかったです。

そして、同じく同期生が、パートナーさんでもあるアクセサリー作家のsai designさんと一緒に運営しているセレクトショップ『Rhino/ライノー』さんにも地下鉄でびゅ~っと行けました。思ってたよりすぐでした。。。

ちょうどお店番してた同期生の神田さんと、お互いに全然変わってないねー!と笑いつつ、おしゃべりも盛り上がりました。

カラフルな作家さんの作品、紙モノや布製品、アクセサリーや器や雑貨などなど、ついつい夢中になって店内をぐるぐるとしてしまいました。

↓ 型染め作家さんのカレンダー、使い終わった後はポストカードとしても活躍してくれるそうです。月替わりの動物たちがカワイイ。

IMG_20160115_131410_convert_20160115132305.jpg

↓そして、なぜか心惹かれてしまった、ガラスのちいさな四足さん。毒々しい色なのにフォルムがキュート!
 
       

思っていたより、福岡中心部よりもそう遠くないことがわかったので、またぶらりと遊びにゆこうと思います。

夜は、大名に戻って雰囲気のステキなお店でのんびり美味しい夕食をいただきました。

2人して「贅沢した~(*^_^*)明日から頑張らねば!」と何度もつぶやくほどに、美味しかった。。。

付いていくだけで、ほぼお友達におまかせの一日でしたが、よい刺激がたくさんあって自分もたまにはちゃんとオシャレなお店?にも行くようにせねば~!と、感じたのでした。

ありがと~友よ!そして、またお互いものづくりがんばろうね(^o^)/




おでかけ。

ぼちぼちと制作もはじめつつ、気になる展示会などにおでかけしてきました。

どちらも会期が明後日の日曜日までなのですが、土日は作家さんも在廊されているみたいなので、ぜひ~



・・・・・・ 坂元桂介 木版画展 『風のはらっぱ』 ・・・・・・


会 期  : 11月14日(土)~29日(日) 
        11:00~18:00
会 場  : ギャラリー楓
作家在廊: 土・日・祝

      坂元さんDM


坂元さんの木版画は、それぞれの素材やモチーフとの向き合いかたがいつも真っすぐで一途な感じがして、じーんとしてしまいます。

オーナーの坂田さんから、作品それぞれがうまれたエピソードなどのお話しも聞きながら、たくさんの技法が使われていることや坂元さんのこだわりなども教えていただけて、更にその世界観に入り込んでしまいました。





・・・・・・ きんた工房  『ひとつだけのかっぷ』 ・・・・・・


会 期  : 11月21日(土)~29日(日) 
        10:00~18:00
会 場  : 工房 +木/Made in Kumamoto 

ひとつだけのかっぷ


ちょうど一年前に展示をさせていただいた、木工家具職人の小野弥さんの工房+木での「きんた工房」さんの展示です。

一点ずつそれぞれに個性的なカップがずらりと並んでいて、とにかく選ぶのに迷ってしまいます。。。

ろくろ上手なきんたさんらしく、きちっと真面目な形や、遊びゴコロのある形や、不思議な?形などなど、自由自在な造形です。

私がいった時は、ご本人とはお会いできませんでしたが、久々に小野さんと近況報告など楽しくおしゃべりできました。




おでかけ気味で自分の作業があまり進んでいませんが、とても有意義な時間を過ごせました。お邪魔いたしました~





ルオー展。

気ままに作業したり、お出かけしたり、のんびり過ごしているうちに、あっという間に11月も半ば!

ぼちぼちと来年のグループ展や企画展の打ち合わせなども始まってきて、今年ももうすぐ終わるのか~という思いと、来年の企画展どうしよう?と、いろいろぐるぐると考えたりしている今日この頃です。

そんな中、現在熊本県立美術館で開催中の「ジョルジュ・ルオー展 ─心揺さぶる魂の色彩─」をぶらりと観に行ってきました。

ルオー展

昔から、黒く太い輪郭線やダークな内面を想像させるような道化師を題材にした作品が、なんとなく好きな画家さんだったんですが、実物を観て、自分が勝手に特徴だと思っていたそのことよりも、色彩の美しさに驚かされました。

輪郭線だと思っていたものは、全体的な色彩を際立たせるための黒いカタチだったんだ~!(←勝手な新発見)とか。

若い時はステンドグラス職人の弟子として修業していた時期もあったそうなので、そこで独自の色彩感覚の基礎が出来上がっていたんだろうなぁと思うような作品もたくさんありました。

無表情のような哀しげな顔にも見える道化師がモデルになっているシリーズも、本などで見ていた感じとは違って、その中に様々な想いや感情も感じられて、見応えありました。

やっぱり実物を美術館で観るのって大事だな!と今さら改めて実感したのでした。






窯たき合間。

夜更けから窯たきをしつつ、居眠りしつつ、借りてきた本を眺めたりしています。

7月いっぱい展示させていただいたプラザ図書館には、読んでみたい本がたくさんあって、搬出後に大興奮しながら何冊か選んできました。

しばらくは制作作業ばっかしだったので、今やっと見れてます。



前から気になってた、アーサー・ラッカムさん。

物語の挿絵がたくさん載っているんですが、妖精や自然の描写がすごい。というか好み。

これまた好きなビアズリーとかとも同世代で、お互いに何かと縁のある二人だったらしいです。

刺激や影響を受けて、衝動的に何かができるというわけじゃないけど、今の自分に可能なことと足りないとこを自覚しつつ、良い変化ができていけるといいな~

ひと窯分が出来上がるころには、また新たなわくわくが始まっているので、飽きずにやれてるのかもです。


空っぽだった秋以降~の予定も、いろんな人たちのご縁で企画に誘っていただけたりしてて、ありがたいことです。

一人だとついついサボり症なので、一員という立ち位置だと、すっごく気が引き締まります。

企画ごとに、自分に求められることや表現したいことがバラバラかもですが、そういうことも含めて学んで成長できればと思います。










NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する