2017-03

○○○●○○●○○○ お知らせ ○○○●○○●○○○

HP 新しいアドレスになりました!→→→  陶人形作家 にしだみき HP
SHOP 手仕事のギャラリー&マーケット iichi (2017/3/4 更新)


・・・・ 2017年 イベント予定 ・・・・

2月1日〜12日   企画展「ZooZoo展」に参加/神楽坂 temame (終了)
2月11日~26日    個展   /荒尾市 Cafe Rinonka  (終了)
3月21日~31日    個展 『暦のかたち』  /画廊喫茶 ジェイ
4月29日~5月5日  有田陶器市 参加予定
5月3日~5月7日   湯の端美術展 作品展示で参加予定/山鹿 天聴の蔵
8月15日~20日   個展開催予定 /熊本県立伝統工芸館2階B
9月21日~25日   繋がる熊本のつくり人展(グループ展) 参加予定 /島田美術館
10月17日~22日   四つ葉展(4人展) 参加予定 /新天町 村岡屋ギャラリー
10月28日~11月5日       企画展 予定/ギャラリー楓





ただいま開催中の展示会

    IMG_NEW.jpg

にしだみき 陶人形展   『暦のかたち ~七十二候~』

とき  3月21日(火)~3月31日(木)  26日は店休日
    
     10:00~18:00(最終日は16時まで)

ところ  画廊喫茶 ジェイ   熊本市中央区大江本町6-9(味噌天神駅電停前)

内容   七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつで、二十四節気をさらに約五日ずつの三つに分けた期間のことです。七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっており、今回はそのうちのいくつかを陶人形で表現してみました。

在廊予定日時   21日、24日、25日、28日、31日の13時~17時


七十二候より 「魚上氷」

『暦のかたち ~七十二候~』の展示作品より、一部ご紹介~

2月4日頃~17日頃までは、二十四節気では「立春 (りっしゅん) 」にあたり、立春はさらに初候「東風解凍 (はるかぜ こおりを とく) 」、次候「黄鶯睍睆 (うぐいす なく) 」、末候「魚上氷 (うお こおりを のぼる) 」の三つの候に分けられています。

立春 (りっしゅん)・・・旧暦では一年のはじまりは立春からと考えられていたため、立春を基準に様々な決まりや節目の日が存在しています。立春は冬と春の分かれる節目の日である「節分」の翌日で「寒さがあけて春に入る日」いわば春の初日でもあります。

↓こちらは、2月13日頃~17日頃までの末候「 魚上氷 (うお こおりを のぼる) 」の作品。魚たちが暖かさを感じ、割れた氷の下から魚が跳びはねる、という意味なんですが、さすがに魚を宙には浮かせられませんでしたが、なんとか跳びはねているように見えるかな。。。?

   052_20170322212808b07.jpg




七十二候より、「草木萠動」

『暦のかたち ~七十二候~』より

2月18日頃~3月4日頃までは、二十四節気では「雨水(うすい)」にあたり、雨水はさらに初候「土脉潤起 (つちのしょう うるおい おこる)  」、次候「霞始靆 (かすみ はじめて たなびく) 」、末候「草木萠動 (そうもく めばえ いずる) 」の三つの候に分けられています。

雨水(うすい)・・・空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる時期

↓こちらは2月28日頃~3月4日頃にあたる末候「草木萠動 (そうもく めばえ いずる) 」の作品。意味は、草木が芽生え始める。

候の名のまま。ちびっこの頭から植物の芽が出てます。

   037.jpg

冬枯れの野山や木々に、ちいさな薄緑色の芽が出始める風景は、擬人化するとしたら、どんな場所に居ても楽しみ上手でいつもワクワクしているちびっこのイメージかなぁってことで、こんな感じになりました。

今日と明日は、13時~17時くらいまでジェイさんに顔出し予定です。

ジェイのおかみさんが作る、ザ・喫茶店軽食、いつも何にするか迷います。

マスターが淹れる珈琲はもちろん美味しいのですが、ランチもおすすめです(^^)




七十二候より「桃始笑」

七十二候の作品のご紹介。

少し遡って、3月5日頃~20日頃までは、二十四節気では「啓蟄(けいちつ)」にあたり、啓蟄はさらに初候「蟄虫啓戸 〈すごもりむし戸をひらく〉 」、次候「桃始笑 〈ももはじめてわらう(さく)〉 」、末候「菜虫化蝶 〈なむしちょうとなる〉 」の三つの候に分けられています。

啓蟄(けいちつ)・・・啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、大地が暖まり冬眠していた虫が、春の訪れを感じ、穴から出てくる頃。

こちらは、3月10日頃~14日頃までの次候「桃始笑 〈ももはじめてわらう(さく)〉 」の作品。意味は読んだままで、桃の花が咲き始めるころ。

花の感じから、なんとなく大人っぽい女子のイメージになったようです。

    004_201703221904124a1.jpg

昔は花が咲くことを「笑う」と表現していたのが、なんとも趣があるなぁと思います。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

mikini

Author:mikini
1979年熊本県玉東町生まれ。
ただ今熊本県の植木町在住。
地球に・カラダに・ココロに
やさしい暮らしを目指して
「土」による創作
(陶芸と小さな米づくり)
をしています。
周りのヒトやモノが
幸せで平和であることに
役立てるものづくりを
やっていきたいです。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する